×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

貿易実務検定に合格する方法

貿易実務検定が最近人気を集めています

貿易実務検定が最近人気を集めています。この検定は、エキスパートとして貿易実務に携わる能力があるかどうかを判定する資格試験ですが、契約書・船積み・通関処理などの諸手続きだけではなく、関係者への指示・伝達やクレーム処理などの業務も含まれてきますから、幅広い知識と、コミュニケーションに必要な語学力も要求されます。海外との取引を行っている会社にとって貿易実務は必要不可欠ですから、この資格を取得しているということは就職・転職に有利であることが予想され、貿易実務検定の人気が上昇しているわけです。


貿易実務検定がスタートしたのはそれほど昔のことではありません。貿易実務検定を実施している団体は日本貿易実務検定協会ですが、実は平成10年3月に第1回目が実施され、まだ10年ほどしか経っていないわけです。それでも平成18年12月時点までの受験者数が6万人ということですから、その人気の高さがわかりますね。検定は受験者のレベルに応じて、A級・準A級・B級・C級と細分されており、仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄の全国8つの主要都市で実施されています。


この貿易実務検定に合格するためには、どのような学習を進めればよいのか、受験を考えている人にとっては気になるところですね。合格するための基本は、過去問と合格基準をしっかりと把握することです。日本貿易実務検定協会のサイトでは、各級における合格基準やそれぞれの級における問題例と解答例が示されていますので、まずはチェックすることが合格へのスタートです。過去の受験人数や合格率もすべて公表されているのも勉強を進める上で、非常に参考になりますね。


貿易実務検定の資格に限らず、資格を取っただけで安心してしまう人が多いようです。確かに転職や就職に有利に働くことが多い資格ですが、入社してからその資格に対して期待されていた実力が発揮できなければ、評価が一度に低下するばかりか、その会社に居づらくなる可能性もあります。特に貿易実務検定などの資格は、グローバルな視点で、世界情勢も頭に入れながら仕事に就くことが必要です。いったん資格を取ったからと安心していては、すぐに役立たない資格となってしまうことを念頭に置いておくほうがいいでしょう。


貿易実務検定の合格を目指す人は

貿易実務検定の合格を目指す人は、貿易実務経験者ばかりではなく、貿易実務をまったく経験したことがない人も多いのではないでしょうか。海外との取引に重点を置いている企業にとって、貿易実務は欠かせない重要な業務です。就職や転職でこの貿易実務検定に合格しているというのは採用に有利に働くことが予想されるわけですから、貿易実務未経験でも将来に備えて資格を取得しておこうというのは当然だと思います。しかし、貿易実務は幅広く、どのような仕事であるのかは事前に調べておくことが必要です。


貿易実務検定は、日本貿易実務検定協会により実施されています。検定の特徴は受験者のレベルに応じてA級・準A級・B級・C級と異なったレベルの試験が提供されているということ。無理に最初から上級レベルを狙わずに、今の自分の実力に応じて低いレベルをまず取得し、ある程度経験や実力をつけてから上のレベルを目指すこともできるわけです。この貿易実務検定、実は全国の主要都市で開催されるだけではなく、特的の企業や学校などの団体での受験が認められています。


どのような資格検定であれ、合格するためには試験の分析と十分な準備が欠かせません。資格によっては過去の情報があまりないものもありますが、貿易実務検定は日本貿易実務検定協会のサイトで詳細な内容を見ることができます。過去の受験者数と合格率、各級における合格基準はもちろんのこと、各級ごとの問題事例と解答までサイトで閲覧できますので、受験を考えているならば、一度は目を通しておいた方がいいでしょう。当協会では各級ごとに2、3ヶ月の講習会を実施していますので、近くであれば受講するのも合格を確実にする一つの方法です。


貿易実務に限らず、実際に仕事に携わってみて初めてわかることも多いと思います。現在何らかの貿易実務を担当していて、この検定の資格を取得する場合は、勉強した知識がすんなりと実際の業務に結び付きやすいのですが、机上の勉強だけでこの資格を取得した場合、いざ貿易実務を担当したときに戸惑いを覚えるかもしれません。できれば貿易実務を実際に担当している知人などに、いろいろ話を聞かせてもらい、現実とのギャップを埋めておくことが望ましいですね。


貿易に携わるエキスパートとして

貿易実務検定は、貿易に携わるエキスパートとしての知識や実務能力があるかどうかを判定する検定で、商社や貿易関連の会社に就職・転職する際に有利に働く資格として人気があります。貿易実務と一口にいっても、輸出入に伴う書類上の手続きだけではなく、マーケティングや契約の交渉、船舶等の運送の手配、保険の選択と付保手続き、決済と貿易ファイナンス、通関と荷受処理、さらにはクレーム対応など、幅広い実務処理が要求されるわけですから、採用する側としても、その実力を有する明確な証明が欲しいわけですね。


貿易実務検定がスタートしたのはそれほど昔のことではありません。貿易実務検定を実施している団体は日本貿易実務検定協会ですが、実は平成10年3月に第1回目が実施され、まだ10年ほどしか経っていないわけです。それでも平成18年12月時点までの受験者数が6万人ということですから、その人気の高さがわかりますね。検定は受験者のレベルに応じて、A級・準A級・B級・C級と細分されており、仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄の全国8つの主要都市で実施されています。


この貿易実務検定に合格するためには、どのような学習を進めればよいのか、受験を考えている人にとっては気になるところですね。合格するための基本は、過去問と合格基準をしっかりと把握することです。日本貿易実務検定協会のサイトでは、各級における合格基準やそれぞれの級における問題例と解答例が示されていますので、まずはチェックすることが合格へのスタートです。過去の受験人数や合格率もすべて公表されているのも勉強を進める上で、非常に参考になりますね。


資格をとりあえず取っておこうと考えている人は別にして、取得した資格を実際の仕事に役立てようと考えているならば、その資格のレベルを最新かつ最高の状態に保っておく必要があります。特に、貿易実務のように定型業務だけではなく、他国の人達とのコミュニケーションをとり、文化の違いを念頭に置いて仕事を進めていくことが必要である仕事はグローバルな物の見方がどうしても必要になりますし、世界経済の動きについても敏感であることが望まれます。せっかく苦労して合格した貿易実務検定、その資格を有効に活用したいものです。